プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春・第一幕……に、見たくなる景色

 Spring has come. この英文を教えられたのは中学一年くらいだったか……。
 Summer、Autumn、 Winter、他のどの季節の単語を入れても成り立つわけではあるが、どうも、Spring has come. というのが一番しっくりする。そんな風に感じるのは私だけ……か?

 一番好きな季節は? と問われれば、私は、秋、と答えるだろうけれども、そういう選別的な好みとは別な、特別なものを感じさせてくれるのが、春という季節。それはおそらく、雪国秋田で過ごした子どもの頃の記憶から来るものだろう。
 巡る季節の中で、待ちわびる、や、待ち遠しい、というのを一番思わせるのが春。余計な言葉はいらず、ただ一言、春が来た!= Spring has come! と、心から叫んで嬉しがれる季節、それが春……という感じだ。

 3月の後半から4月初旬にかけての頃、春景色は最初の旬、第一幕の見どころを迎える。

 この時期ならでは、の、見たくなる景色、がある。 今年も足を向けてみた。


2003_ph00Bar.jpg

 私の住む、西武池袋線ひばりケ丘駅近郊の地域は、東京都心の桜の開花より1日ほど遅いようだ。その開花宣言から5日ほど過ぎた日、近所の農家の家先にある枝垂れ桜がみごとに満開なのを目にした。

<近所の農家の枝垂れ桜/’14.3.30>
2003_ph01枝垂れ桜

 この枝垂れ桜は近辺のソメイヨシノよりも何日か早く満開になる。だからまだ少し早いか? とは思いつつ、毎年見に行っている場所の桜のことが気になった。

 翌日の午後、昨日と打って変わっての上天気に気持ちが高まり、ちょっと行ってみることにした。

 行き先は自宅から1.5kmほどにある、武蔵野変電所。春らしくなったこの辺りの景色をゆっくり見て歩いて来ても、せいぜい1時間ちょっとだ。

 途中、小学校の回りやよそのお宅の庭の桜を目にしたが、まだ7分咲程度。

 着いてみると、やはり……ちょっと早かった。

<武蔵野変電所の桜/’14.3.31>
2003_ph02変電所桜01
2003_ph03変電所桜02

 西東京市と練馬区(東京都)、それに新座市(埼玉県)の境が複雑に隣接している辺りにある武蔵野変電所。
 ここは「鉄塔 武蔵野線」という小説の舞台の一つで、送電鉄塔マニア(という方たちがいるそうだ)にとっては、ある種の聖地のような場所、なのだそうだ。

 敷地内に入ることはできないが、フェンス越しに見ることができる、見事な桜の古木が十数本。知る人ぞ知る……の、地元の人にとっての、桜の名所だ。

 今年は満開にうまくタイミングを合わせられなかった。この5日後の土曜にもカミさんと来てみたが、その時はもう散り始めていた。残念。

<昨年の満開時/’13.3.28>
2003_ph04変電所桜昨年

 変電所裏も見どころの一つ。今年は菜の花がとても印象的。

<変電所裏手の畑地風景/’14.3.31>
2003_ph05変電所裏01
2003_ph06変電所裏02

 去年はこれほど多くなかった。一昨年は多かった。どうやら1年おき、ということらしい。

 旅愁……いや郷愁という方が自分的には正解。ここはいつ来ても良い風情を見せてくれる。

<畑地と農家の春景色/’14.3.31>
2003_ph07変電所裏農家01
2003_ph08変電所裏農家02
2003_ph09変電所裏畑地

 都心からさほど遠くないこの辺り。仕方のないことではあるけれど、農地、畑地はどんどん少なくなっている。この春景色に触れるたび、来年も見られるのだろうか? と、思わずにはいられない。


2003_ph00Bar.jpg

 ひばりケ丘の沿線、西武池袋線 練馬高野台駅の横を流れる石神井川沿いも、この時期には必ず行ってみたくなる場所。

 4月6日。桜の満開は2〜3日前だったのは知っていたが、ともあれ見に行こうと、カミさんと出かけた。
 練馬高野台駅へはもちろん電車。練馬高野台駅からは石神井川上流方向にある石神井公園へ向かって歩く、というのがいつもの行き方と歩き方なのだが、この日は田無で午前中にカミさんの姉上と会ってから、というのがあったので、まったく違う形になった。

 田無から電車(西武新宿線)で上井草。石神井公園駅行きのバスに乗り、石神井公園近くの禅乗院というバス停で下車。そこから歩いて石神井川へ。

 石神井川に架かる山下橋辺りをスタート地点に、川の下流方向にある練馬高野台駅に向かう。

<山下橋/’14.4.6>
2003_ph10石神井川山下橋

 まずは山下橋から下流方向を眺めてみた。
 桜は2〜3分散り、という感じだが、川沿いの両側にまっすぐ植えられている桜の木の多さで、まだまだ……と思わせる景色を見せてくれていた。

<山下橋から下流方向/’14.4.6>
2003_ph11石神井川桜01

 この桜の連なりは、笹目通り手前の平成みあい橋という橋まで、およそ600m続く。

<山下橋→平成みあい橋/’14.4.6>
2003_ph12石神井川桜02
2003_ph13石神井川桜03
2003_ph14石神井川桜04

 お花見には最後のチャンスの日曜、ということがあってだろう、この日はそれなりの人出。

 ここに来たら、平成みあい橋から見る上流側景色は、絶対にはずせない。

<平成みあい橋から見る上流側景色/’14.4.6>
2003_ph15石神井川桜05

 いつの時期に来てもこの景色にはちょっとした感動を覚えるが、桜の花が咲いているこの時期は格別。人工的に造られた景色(?)でこういう思いを持たせてくれる場所は、そうはない。

 平成みあい橋の脇に山吹が群生している。

<平成みあい橋脇の山吹群生と桜のコラボ景色/’14.4.6>
2003_ph16石神井川桜と山吹

 この山吹の群生に気がついたのは去年。この山吹と桜がコラボしている様が強く印象に残り、柄にもなく短歌まがいのものを作ったりしたのだった。

<桜と山吹のコラボから浮かんだ歌(短歌)/写真=’14.4.6>
2003_ph17春がゆえ

 桜の花の期間は短い。だから春のこの時期はどうしても桜の花に強く気持ちが向くが、山吹をはじめ、菜の花、タンポポ、といった黄色い花たちも、同じように春を象徴する花なのだから、そのことも強く意に留めて春を愛でる(楽しむ)ようにしよう。

 この歌(短歌)で著したかった思いはそんなところだ……が、今改めて見ると……もうちょっと、かな?


 先に話を進める。

 平成みあい橋を過ぎ、笹目通りを渡ると、石神井川は別な様相となり、桜の連なりは先ほどまでとは違う景色を見せる。

 笹目通りの橋から練馬高野台駅横の薬師堂橋まではおよそ300m。その中間にある橋から、石神井川に覆い被さるように咲く桜を眺める、というのがこのエリアのお薦めだが、去年見た満開の時に比べると、やはりちょっと物足りない感じ。

<笹目通り→薬師堂橋の間にある橋から下流方向/’14.4.6>
2003_ph19石神井川桜06

<昨年満開時、上の写真と同じ位置からの景色/’13.3.29>
2003_ph20石神井川桜去年

 この辺りは両側が遊歩道。桜のトンネルを歩く、という感じ。どちらかというと下流向き右側が良い感じだ。

 薬師堂橋近く、所々にある柳の若葉が桜の間から垂れ下がり、ちょっと面白い風情。

<桜のトンネルに垂れ下がる柳の若葉/’14.4.6>
2003_ph21石神井川桜と柳新緑

 途中休まずゆっくり歩いて、山下橋から25分ほど。練馬高野台駅横の薬師堂橋に着く。

<薬師堂橋/’14.4.6>
2003_ph22石神井川薬師堂橋

 満開時に比べ、ちょっとの物足りなさはあったが、それなりの満喫感。

 石神井川沿いは、東京都が整備している“武蔵野の路”のコースになっている。渋谷に通勤している頃、薬師堂橋から先を整備工事している様子を電車からよく目にしていた。
 あれからだいぶ時が過ぎ、その頃に植樹された桜は見事なものに育っている。

<薬師堂橋から先の下流方向/’14.4.6>
2003_ph23薬師堂橋先

 来年の桜の頃は、この先にある豊島園辺りをスタート点にして、石神井川沿いをこちらに向かって歩いてみるのも悪くないかもしれない。


2003_ph00Bar.jpg

 春のお楽しみ、といえば、お花見とコールデンウィーク。
 ちょっと無理矢理かもしれないが、春という季節を舞台に例えるならば、お花見の期間の辺りは春第一幕の、ゴールデンウィークの辺りは春の第二幕の盛り上がりの部分、というところ。
 お花見が終わり、桜の花が散った少し後の4月半ばは、言うなれば幕間の休憩時間、舞台では次の幕を開けるための準備中というところだろうか……。

 第一幕の主役は桜の花、では、第二幕は……?

 自宅から20mほどの所に雑木林がある。
 桜の花が満開だった4月の初め、木々はまだうっすらとした芽吹きが感じられる程度だった。

<うっすら芽吹いた雑木林/’14.4.4>
2003_ph24雑木林4/4

 それからわずか11日後、雑木林の木々の葉は急激に成長し、清清しい黄緑の若葉でいっぱい、になっていた。

<黄緑若葉の雑木林/’14.4.15>
2003_ph25雑木林4/15

 桜の花が散ったらそれを合図に一斉に葉を伸ばす……何かそういう決まりごとがあるかのよう……いや、あるのだろう。

 そんな移り変りの様を眺めて感じた思いを、性懲りもなく歌(短歌)にしてみた。

<春二幕へ……/写真=’14.4.15>
2003_ph26春の二幕


 5月の季語、時節を著す代表的な言葉は、新緑。
 もうすぐ始まる春第二幕のゴールデンウィーク。その主役は、新緑、ということ……か?

 と、まあ、そんなことをイメージしながら、まだしばらく続く春を眺めるのも一興……と思う。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:雑記
ジャンル:その他

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。