プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立夏の頃限定の “常景” ‥‥ 2015

“情景” ではなく、“常景” という熟語が頭に浮かんだ。
身近な日常的な範囲にある、いつでも行ける場所に見る風景。
ある時季限定だけれど、その時季が来ると (ほぼ)必ず見にいく(見に行きたくなる)風景。
そういった風景(光景・情景含む)のことを称して “常景” という風に著しても‥‥と思えたのだ。

調べてみたが、ネットや辞書には見当たらなかった。“常景”という熟語は使われていないようだ。
まあ、辞書などにはなくても‥‥ではある。


ゴールデンウィーク最終日の5月6日は “立夏” だった。
この時季のキーワードとして思いつくのが “新緑” 。
好きなキーワードではあるが、“桜満開” や “紅葉” といったキーワードに比べ、
景色的印象強さはもう一つに思うところもある。
苦手な暑さの季節がもう目の前‥‥というのもあってのことかもしれない。

それでもこの時季にはこの時季ならでは‥‥の、お気に入りの “常景” がある。





落合川のカルガモ親子 ‥‥

1506_01.jpg


4月24日の朝。電車で隣駅の東久留米駅へ行き、自宅まで歩いて戻る散歩に出た。
途中の落合川。今年もこの時季限定のカルガモの親子を見ることができた。

親カルガモに珍しさはないが、雛の愛らしい姿が見られるのはこの時季限定。
ここ数年は毎年見ることができている。
多い年は一度に3組見ることもあったが、まったく‥‥の年もあった。

雛は8羽。内1羽だけが、頭の一部を除いて全身黄色。
成長が遅いだけ‥‥?

1506_02.jpg


それから5日後の4月29日。カミさんと落合川へ散歩に出た。
カミさんにもカルガモ親子の姿を見せられたらと思ってはいたが、
川沿いを歩き出してすぐ、珍しい感じで見かけることができた。

1506_03.jpg

川の中にできた小さな中洲にカルガモの親子が寄り添っていた。
もう20年近く見ているが、一箇所に寄り添う姿を見たのは初めてかもしれない。
黄色い雛の姿があった。先日見かけた親子に間違いなかった。雛8羽全部いた。
わずか5日過ぎただけだが、雛たちの身体は少し大きくなったように思えた。

この日から2週間行っていないが‥‥。
先日の台風は乗り切っただろうか。全羽無事だろうか。
雛たちはもうだいぶ親ガモに近い姿になっているかもしれない。

ひょっとしたら新しい親子が増えているかもしれない。
6月までの間に行ければ、それが見られる可能性もある。





ひばりケ丘北口商店街横・路地のマーガレット ‥‥

1506_04.jpg

1506_05.jpg

1506_06.jpg

1506_07.jpg


昨年もこのブログで紹介した、ひばりケ丘北口商店街横の路地の群生マーガレットが、
今年も見事に花開いた。

3月中旬頃にこの路地を通り抜けた時、こんな様子を目にしていた。

1506_08.jpg


まだ少し寒い頃‥‥。マーガレットを守るため? の、カバーが架けられていた。
もちろん分かってはいたことだが、手を入れ、世話をし、大事にしている方がいるわけで、
ただ見るだけのものとしては、心より感謝‥‥。

わずか10メートルほどだが、路地であることも含め、なかなかの風情が感じられる。
右横の花壇の花々も良い。見頃は5月いっぱいかと思う‥‥。





日常的な活動範囲、いわゆる地元の範疇に自分的に発見した “常景” が多くある。
地元に見られる景色・風景などは、案外ないがしろに思われる傾向にあったりするが、
しっかりと見る意識があれば、思いもよらない面白い発見に繋がったりもする。
せっかく縁あって暮らしている地元であるからして、楽しまなければ損(?)。
自分的 “常景” を多く持つことはそのために大事な一つだと思っている。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。