プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜満開時季の格別な春風情・・・2015

 何もしないうちに、冬が終わってしまった‥‥。

 冬の内に撮ったけっこうな量の写真データ。もちろんブログへのアップが意識にあった。にもかかわらず、今冬中、冬らしい風情を入れた記事のアップが思うようにできなかった(しなかった)ことが、自分的にはどうにも悔やまれる。
 タイムリーに‥‥という意識はそれほどないが、季節感は別。昔のことであるにしても、やはり冬の話は冬の内にしたいと思ってしまう‥‥。もう次の冬が来るまで待つしかないか‥‥だ。


 3月24日、朝の散歩に出た時のこと。

 家から一度駅前まで、そこから北に1kmほどの公園に行く。見慣れた風景があるだけだが、見慣れているだけに却って‥‥季節折々‥‥というものを強く感じることができるような気もする。
 さほど広くはない雑木林の真ん中を切り開いて作ったような公園。楢の木が一番多く、欅、櫟、松、それに桜の木がけっこうある。
 1週間ほど前は、まだグレーな冬枯れの感じが強かったように思うが、この日は心なしか木々がほんのりと色を発しているのが感じられた。特にうっすらとした桜色‥‥。
 そういえばこの前日、東京地域の桜の開花宣言がされたのをテレビで見たような‥‥。

 ベンチに腰掛け、デジカメを桜の木に向けズーム。もういつ花開いてもおかしくない蕾の様子が映る。レンズの鉾先を少しづつ移動していくとモニターにぽつんと白いもの‥‥。一輪だけ開花していた。

▼ 一輪だけの開花‥‥ (’15.3.24)
1504_001.jpg

 3月の初頭には梅の花が咲く。暦的には3月に入れば、春。とはいえ梅の咲き始めの辺りは、春近し‥‥とは感じられても、肌(皮膚)感覚的に、春が来た‥‥にはまだ届いていないというのが実感。
 生まれてこの方ウン十年の経験的な感覚からいって、肌(皮膚)感覚的にも視覚的にも、冬が終わった‥‥春が来た‥‥をしっかりと実感できるのは、桜開花の以降‥‥という具合に思うのは私だけではないだろうと思う。

 もっともこの桜一輪の開花と膨らんだ多くの蕾を見たこの時点での意識は、冬が終わった‥‥のレベルに留まっていた感じで、春が来た‥‥に届いていた感じではなかった。
 で、先の‥‥何もしないうちに冬が終わってしまった‥‥という後悔‥‥という具合。


 桜の開花宣言を耳にすると、その様子が気になる1本‥‥がある。

 我が家から1分ほどの農家のお宅の玄関脇に、毎年見事な花満開を見せてくれる1本のしだれ桜がある。家からもっとも近いところにある桜の木‥‥ということもあるが、それ以上に、しだれ桜に限定で見る限り周辺で一番見事な花満開を見せてくれるのがこれ‥‥と思える。
 狭い道路に面しているため、電柱や電線、道路標識といった類いが邪魔をしてくれて、周辺を含めた景色、という点ではちょっと残念‥‥な感はあるが、とにかくこのしだれ桜の満開時は、お見事‥‥の一言だ。

 3月30日の月曜。月曜と木曜は我が地域の一般ゴミ収集日。で、起きてすぐゴミ捨てに出た。集積所にゴミを置き、横を向いた時、このしだれ桜が目に入って来た。見事に満開‥‥だった。

▼ 今年も見事に満開のしだれ桜 (’15.3.30)
1504_002.jpg

 この2日前の朝に見た時はせいぜい5〜6分咲き程度の感じだった。その翌日は見るチャンスを逸した。間に1日あったとはいえ、まだまだだろう‥‥と、まるで期待していなかった眼前にいきなり‥‥見事に満開のしだれ桜‥‥という具合。
 これがけっこうなインパクトを与えてくれたようで一気に意識を、春が来た‥‥に、シフトしてくれたようだ。

 毎年、このしだれ桜の満開を見ると、昨春このブログでも取り上げた、練馬高野台駅脇から石神井公園近くまでの石神井川沿いの桜景色のことが必ず思い浮かぶ。しだれ桜の様子からいって、この1〜2日間が絶好のタイミングであろうことが思われた。
 それに加え、四季折々、家の周りでその季節の何かしらを実感すると、なぜか足を向けたくなるのが石神井公園。桜の名所とはいえないまでも、桜の時期の石神井公園の様子は、また格別‥‥というこれまでの記憶も浮かぶ。
 何よりも、いうまでもなく桜の見頃の期間は短い。

 というわけで、翌31日、無理矢理時間を取って、西武池袋線練馬高野台駅へと出かけた。

 練馬高野台駅 → 石神井公園 → 大泉学園駅(逆順もあり‥‥)は、近年、私的にお気に入りの散歩コース。距離5〜6km程度。あれこれ見回し写真を撮りながら‥‥のペースで歩いて2時間かからないくらいだから、午前中限定の散策にはちょうど良い。

 練馬高野台駅を出て、高架線沿いを上り方向に少し行ったところの薬師堂橋へ‥‥。少し北側に離れた位置からまずは高架線下の空間越しに南側の桜を覗いてみた。

▼ 高架線を挟んだ北側の橋から‥‥ 南側石神井川沿いの桜の様子
1504_003.jpg

 毎年見ているとはいえ、着いた初っ端に見る景色としては、やはり良い、すごい‥‥の印象。通り掛かる人で目を向けない人はいない。

 薬師堂橋上。時間的にはまだ通勤時間。おそらくこれから通勤‥‥の、近くに住んでいるらしき人たちが通りがかりにスマホのカメラに収めていく。無理矢理時間を取って‥‥のこちらとしては、ある意味うらやましくもある光景。

▼ 薬師堂橋‥‥ ここを起点に石神井川上流方向へ
1504_004.jpg

 この薬師堂橋から上流方向およそ800mにある山下橋までの区間の桜景色がお薦め。

 近年石神井川沿いの遊歩道が整備され、薬師堂橋からの下流側、山下橋からの上流側にも桜が植えられ、良い感じに散策ルートが作られているが、桜に関してはまだまだこの区間ほどには‥‥というところ。

 まずは薬師堂橋から途中の笹目通りに架かる長光寺橋まで‥‥。

▼ 上流方向へ少し行ったところから‥‥ 薬師堂橋の後上は西武線の高架橋
1504_005.jpg

▼ 足元にタンポポ‥‥ 今春最初の目撃
1504_006.jpg

▼ 途中の橋上から‥‥ 下流方向
1504_007.jpg

▼ 途中の橋上から‥‥ 上流方向
1504_008.jpg

▼ 長光寺橋手前にて‥‥ 柳の若葉と向こう岸の桜のコラボ景色が良い
1504_009.jpg

 250メートルほどで長光寺橋。桜に見愡れて歩いているとあっという間‥‥。

▼ 長光寺橋(右)‥‥ 後方に横断歩道
1504_010.jpg


 笹目通りを渡り長光寺橋公園に入る。公園内の桜もなかなか‥‥だ。昼の時間帯であれば、近所の人たちが弁当を広げて‥‥という光景が見受けられるのだろうが、平日の朝9時前ではさすがにそれはない。

▼ 公園の満開の桜越しに見える、南田中アパート(団地)の水道タンクの塔
1504_011.jpg

 長光寺橋公園を足早に抜け、平成みあい橋へ向かう。

▼ 平成みあい橋手前‥‥ 右手は長光寺橋公園、正面に見える橋が平成みあい橋
1504_012.jpg

 平成みあい橋に着く。ここから山下橋までの間の桜景色は、長光寺橋までとは雰囲気が一変する。

▼ 平成みあい橋上にて‥‥ 上流方向眺望
1504_013.jpg

▼ 平成みあい橋から‥‥ 上流方向左岸
1504_014.jpg

▼ 平成みあい橋から‥‥ 上流方向右岸
1504_015.jpg

 数年前に初めて見て以来、この景色が見たいがためここに来る、といえる。おそらく来年も懲りずに‥‥だろう。

 ただ、どうもここの良さ、すごさをうまくカメラに収められないのが気になる。自分の腕ではこんなものかもしれないが、来年はもう少し考えて‥‥みたい。


 平成みあい橋を後に、上流方向右手を山下橋へ向かう。

▼ 所々にある山桜‥‥ 山桜と向こう岸の桜のコラボ風景
1504_016.jpg

▼ 土手下の遊歩道に降りて‥‥
1504_017.jpg

▼ 向こう岸を見る‥‥ 土手下遊歩道から
1504_018.jpg

▼ ヒヨドリ‥‥ 桜の花の蜜を求めている様子
1504_019.jpg

▼ 以外と良い橋のデザイン‥‥ 周辺環境への配慮がちゃんと考えられているのを感じる
1504_020.jpg

▼ 山下橋に到着‥‥ 時計が目印
1504_021.jpg

▼ 土手上に上がる‥‥ 鳩がお出迎え?
1504_022.jpg

▼ 山下橋から‥‥ 歩いて来た下流方向
1504_023.jpg

 桜そのものはもちろんだが、ここの桜景色の魅力部分は、二段階に楽しめること。

 まず最初に、起点となる薬師堂橋から見る川の上を覆いつくす感じの桜満開の様子に圧倒される。川沿いを歩くに連れその様子に慣れていくが、笹目通りを渡り平成みあい橋に出ると、それまでとは違う、別な桜の風景に改めて圧倒される‥‥という具合。

 歩いてみればよく分る。ついでにいえば、桜の時期でなくてもそれなりに楽しめる景色の場所でもある。

 この時期、ドンチャン騒ぎする人の多さに辟易してしまうような桜の名所が多いが、余計な雑音を耳にすることもなく、桜満開の頃の風景を心から愛でたい向きには最適な場所の一つだと思う。


 山下橋で石神井川から離れ、石神井公園へと向かう。山下橋からは徒歩2分ほど。

▼ 石神井公園東端側‥‥ 西武池袋線石神井公園駅へは徒歩10分くらい
1504_024.jpg

 桜へのこだわり的部分は、石神井川沿いで満喫。ということで、石神井公園では、桜だけではない、春が来た‥‥の全般の風情何かしらを楽しめれば‥‥などと思いつつ、いつものように東南側入口から公園内へ。

▼ 東南口付近から眺めた風景‥‥ 柳の若葉が春らしい爽やかな風情を醸す
1504_025.jpg

▼ 山吹の花越しに池向う‥‥ 私的に春先に咲く好きな花ベスト3に入る山吹
1504_026.jpg

▼ 石神井池南側遊歩道‥‥ 風景にまだ少し冬枯れ感
1504_027.jpg

▼ 池向うの白亜のお屋敷‥‥ 満開の桜と若葉の柳が相俟って良い風情
1504_028.jpg

▼ 池向うをズーム‥‥ 水面近くに垂れ下がった満開桜の枝
1504_029.jpg

▼ 石神井池中間辺りから‥‥ 石神井川沿いで見たのとは別な風情を感じさせる満開桜
1504_030.jpg

▼ カイツブリ‥‥ いきなり水面に姿を見せた
1504_031.jpg

▼ キンクロハジロ‥‥ まるで作り物が浮かんでいるようだ
1504_032.jpg

▼ 池に少し飛び出したデッキから‥‥ 右のオブジェのようなものは噴水
1504_033.jpg

▼ 満開の桜の下で釣り‥‥ 池向こう(北側)でのみ釣りができる
1504_034.jpg

▼ 石神井池西端から‥‥ ガマの石像とユキヤナギの白さが印象的
1504_035.jpg

 石神井池エリアは、南側から池向こう北側に立ち並ぶ瀟洒な屋敷と池沿いの木々が織り成す都市型の公園らしさを感じられる景色がお薦めだ。

 それに対し三方を雑木林の斜面に囲まれている三宝寺池エリアは、保護された自然環境が見せる四季折々‥‥を楽しめるのが良い。


 石神井池側と三宝寺池側を分断している井草通りを渡り、三宝寺池のエリアに入る。

▼ 井草通り口近く‥‥ 全体が若葉でぼやっとした薄緑の感じ
1504_036.jpg

▼ 三宝寺池の東側‥‥ 晴れている日には必ずスケッチする人を見かける場所
1504_037.jpg

▼ 三宝寺池の東側‥‥ 珍客発見(右下)、いい風景に見愡れるのは人間だけではないらしい
1504_038.jpg

▼ アオサギ‥‥ 桜の方を伺いじっとしている
1504_039.jpg

▼ 木道入口にて‥‥ 足を止めアオサギを見ている人たち‥‥ということだけではなかった
1504_040.jpg

▼ カワセミ‥‥ 木道の人たちが見ていたもう一方/ピンボケの後姿しか撮れなかったのが残念
1504_041.jpg

▼ 木道と北側斜面‥‥ 木々の間から桜が垣間見える
1504_042.jpg

▼ 公園西端側を眺める‥‥ 木々の向う側に住宅地があることを忘れさせる自然いっぱいな春景色
1504_043.jpg

▼ オオバン‥‥ 珍しい鳥ではないがここ以外では見たことがない
1504_044.jpg

▼ コサギ‥‥ 自宅近辺でも見るが木に留まっている様子は珍しい/左下にカメ‥‥
1504_045.jpg

▼ 池向こうの厳島神社‥‥ 桜と相俟っての春風情溢れる景色を見せる
1504_046.jpg

 公園の西端に着いた。厳島神社側からの景色‥‥とも思ったが、この辺で石神井公園を出ることにした。いつもの階段を上り、斜面の上に出る。

▼ 石神井公園西端斜面上から‥‥ 公園内の春霞の感じが良い
1504_047.jpg

▼ 後方に咲いていた山吹‥‥ 好きな花にはどうしても目が行く
1504_048.jpg


 石神井公園西側の出口から大泉学園駅へは約2kmほど。途中にあるのは住宅街で、特筆するほどの存在はないが、2年前のこの時期に歩いた時に偶然目にした、印象に残る場所がある。

▼ ハナダイコンの群生‥‥ スペース目いっぱいにこれほど咲くのは珍しい?/石神井学園裏
1504_049.jpg

▼ レッドロビンの生垣と満開桜‥‥ きれいなコラボ感/ハナダイコン群生場所の近く
1504_050.jpg

 さして珍しくはないと思える景色でも、改めて見ると‥‥ということがよくある。前2景もこの季節ならでは‥‥に思えたのでチェック。


 大泉学園駅から電車でそのままひばりケ丘‥‥のつもりだったが、急に思い出した場所に行きたくなった。で、保谷駅で下車。

 思い出したのはやはり昨春ブログで紹介した、武蔵野変電所の桜。

 明日にでも、と考えてはいたが、家から近いことだし、ついでに回ってしまえ‥‥と、思ったのだった。この日の天気が上々だったこともある。

 保谷駅北口から北方向。広い通りを避け、1本右横の道を行く。この辺りにはまだ所々畑が残っていて、何というか‥‥解放感がある。

▼ 麦畑横に咲く梅‥‥ 梅には違いないが正式名分らず/何にせよきれい
1504_051.jpg

 結局は駅からの広い道に出る。

▼ 保谷駅北口から300mほどの辺り‥‥ 桜咲く春風情溢れる街、という感じ
1504_052.jpg

 駅からの広い道を600mほど行き、左に折れる。

▼ 武蔵野変電所裏‥‥ 満開の桜と菜の花畑が目に入る
1504_053.jpg

 もう20年くらい見続けている古木桜‥‥。電柱や電線で景色的には多少問題ありだが、桜自体の満開の様子は相変わらずVERY GOOD。

▼ 武蔵野変電所の満開桜‥‥ 今年の様子3景
1504_054.jpg

1504_055.jpg

1504_056.jpg

 ここに来たら変電所裏の他の景色も見落とせない。

▼ 菜の花畑‥‥ 一年置き、と思っていたが今年も
1504_057.jpg

▼ 変電所裏にある農家周辺の春景色‥‥ 今年の様子2景
1504_058.jpg

1504_059.jpg

▼ 麦畑と送電鉄塔‥‥ 鉄塔もこういう感じで見れば悪くない/広い空間があるからこその風景
1504_060.jpg

▼ 麦畑の中に菜の花一つ‥‥ 種が飛んで、とは想像できる
1504_061.jpg

 去年と変わらない春風景があった……。

 我が家へと向かう途中では、今年6月完成予定の三鷹方向からの新設道路が工事中。完成すれば便利になるであろうことは容易に想像できるし、新しいものが出来上ることへの期待感もある。半面、趣のある農道が分断され、畑地が減少していることなどには、ちょっと複雑な思いも過る。
 景色を愛でる‥‥ということにおいては、こういう矛盾する思いにぶつかることがよくある。

▼ 分断された農道横の桜‥‥ 奥に見える廃屋は元野菜直売所
1504_062.jpg

 カメラを構えた側は、以前は私有地内。このアングルで桜を見ることはできなかった。

 もう家は近い。

▼ 自宅近くの中学校脇‥‥ 今年もグランドネット裏の桜が良い雰囲気
1504_063.jpg

▼ 我家近くの雑木林‥‥ うっすらと黄緑に色づいていることに今さら気づく
1504_064.jpg


 およそ3時間半ほど、いい天気に恵まれたせい(?)で、余計な距離を歩いてしまった気もするが、春の第一幕、春が来た‥‥の風情を、かなり満喫できた気分になれた散歩だった。




 また、長いブログになった。人様のブログを拝見すると短く簡潔‥‥が多い。これが自分だから‥‥とは思うものの、長い分アップまでの期間が余計にかかるというのがあったりで、多少ジレンマを感じないではない。
 それでもおそらく次回も‥‥だろう。

 春はまだ続く。もう一度春をテーマに何かアップできるか‥‥? ちょっと自分にプレッシャーをかけておくことにする。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。