プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

送電鉄塔に見た浪漫……(再)

 例年7〜8月、年1回発行の刊行物の制作依頼がこの辺りに集中し、忙しくなる。仕事自体はちっとも嫌ではないが、家にいての仕事漬けの状態が2週間3週間と続いて来ると、さすがに……である。
 だが不思議なもので、忙しく仕事をしていても合間には必ずといっていいほど、何やらの中途半端に閑な時間(?)が出来る。「忙中閑あり」とはよくいったものだ。
 そういう時間にブログの原稿を、と思わないわけではないが、無理に書こうとしても、どうも仕事の延長的な気分に襲われ、書くことを楽しめない。結局は閑な時間ができると、朝の二時間、あるいは午前中だけ、などと限定しつつ散歩・散策へと外出。するとそこで、ブログにアップしたくなるような種がまた見つかる。だけれど、帰ってからは仕事を優先させなければ、依頼してくれている人に申し訳ないわけで……という具合。アップできない中途半端な原稿と写真が溜まってしまっている。

 と、まあ、そんな具合でそうこうしている内に、7月8月の夏の盛りが過ぎ、9月も半ばになってしまった。このままブログの更新をずるずると先延ばし……というのもちょっと癪である。
 というわけで、前回に続き、閉鎖になった前のサイトに掲載していた中からちょっと気に入っていた内容のものを、リメイクして、アップすることした。



008_p01.jpg


 いきなり送電鉄塔の写真……。

 一昨年、私の出身校である秋田工業高校の先輩に仕事を頼みたい旨の話しをされた。先輩が社長をする会社の、業務案内の制作、というのがその仕事のテーマ。
 これまでさまざまな業種の販促媒体を手掛けてきている私である。業務案内を制作すること自体には何の心配もないが、ポイントはその対象。それは初めて手掛ける分野のものだった。
 まあ、手掛けたことのない業種や分野が対象であっても、客先から提供される資料を読み込んで大まかに理解し、担当者と調整しまとめ、あとはデザイン的配慮で質を高める、という流れで、さらーと終わらせる(実際はそれほど簡単でもないが……)ことはできる。それで仕事としては何とかなる。しかしながら今回の対象に対しては仕事だけではない興味が、少しばかり湧いてしまったようだ。

 回りくどい前置きをしてしまったが、その対象というのが、送電鉄塔、なのである。

 仕事のGOはまだ先、のようだったが、デザイン屋の性(さが)とでも言ったらいいか、今までまったく関与したことのない対象を提示されたことに、少し余計かとも思える興味の虫が、俄然あちらこちらから湧いて来て、意識の中に、送電鉄塔、というキーワードが強く放り込まれた。

 送電鉄塔はずっと昔から見慣れたはずのものであった。だが意識していろいろと見ていくうちに、何も知らない、何も見ていなかったも同然の存在だったということに、改めて気づかされた。

 例えば単純な話としては、送電鉄塔の形。

▼ 送電鉄塔の形のいろいろ
008_p02.jpg

 業務案内に使えればと、後に先輩から渡された送電鉄塔の写真データの中から特徴的なものを抜粋したもの。もちろん、この他にもいろいろな形のものが写真の中にあった。
 これまでもおそらくは目にしていたのかもしれないが、こんなにいろいろあることに改めて気づかされた、というのが正直なところだ。
 昨年、所用で武蔵境から中野へ向かうために久々に乗ったJR中央線。その途中の阿佐ヶ谷−高円寺間で、左下写真のものと同じタイプの白に塗られた送電鉄塔が、中央線にクロスして連なっているのを見かけ、思わず目を凝らしたが、多少なりとも送電鉄塔への興味を持ち合わせていなければ、おそらく見過ごしていたのだろうと思う。
 ちなみにこのタイプは、環境調和型鉄塔(美化鉄柱)というもので、周囲の景観に配慮して建設されるものだそうだ。写真は、浦和レッズの本拠地、埼玉スタジアムの脇にあるもの。

 以前からその必要性や機能性などは認識しているつもりではあったが、どちらかといえば、送電鉄塔や送電線は良い景色を邪魔する野暮の骨頂、と思う方が少し勝っていた。もちろん、今でも、場合によってちょっと邪魔、と思うこともないではないが、現金なもので、興味の鉾先が向けば、嫌いに近かったものも好ましく思えるようになるようだ。
 きっかけは、先輩からの仕事の話、なのではあるが、送電鉄塔をサイトでいろいろ調べていく中で偶然見つけた送電鉄塔に関する面白い話、それが仕事とは別な興味を強くさせる要因になった。

 世の中多かれ少なかれ、どんなものにもマニアあるいはフリークと言われるような人たちがいる。鉄塔にも「鉄塔マニア」なる方々がいて、サイトではそうした方々の鉄塔見聞記録などをたくさん見ることができる。
 その「鉄塔マニア」の方々にとって、ある種バイブル的な本があるという。
 銀林みのる という作家さんの書いた小説「鉄塔 武蔵野線」という題名の本で、第6回日本ファンタジーノベル賞(1994年)を受賞、1997年には映画として公開されたそうである。
 「鉄塔 武蔵野線」の武蔵野線は、送電線の経路線名であり、その重要な舞台の一つとして、武蔵野変電所、が登場する。

 武蔵野変電所は西東京市北町四丁目に実在する変電所である。敷地にある桜が見事で、地元の人にとっての桜の名所ともなっている。自宅から徒歩15分程度の場所ということもあって、私も毎年満開の時期には必ず足を向ける。またこの近辺はいつ行っても何やらの良い風情を見せてくれることから、私の好きな散歩コースの一つにもなっている。

▼ 武蔵野変電所ゲート
008_p03.jpg

▼ 敷地内の桜
008_p04.jpg


 自分の生活圏である身近にこういう場所などがあることを知ったりすると、益々興味は強くなるものである。(周辺景色は4/20アップの「春・第一幕……に、見たくなる景色」で紹介)

 「鉄塔 武蔵野線」は、送電鉄塔に魅せられた少年が、夏休みにその送電鉄塔の経路(路線?)を鉄塔に付けられた番号順に辿り、大本の発電所(原子力発電所らしい……)を目指して冒険に出、その途中でさまざまな出来事に遭遇……というのが話しの大筋。
 「鉄塔マニア」を自称している人たちのサイトを拝見すると、主人公の少年と同じように、送電鉄塔○○線(武蔵野線とは限らない)を番号順に辿り、ここはマニアの面目躍如、途中の変電所の特徴や分岐点における様子などをこと細やかに紹介したりしている。何件か拝見したがこれには感心……だった。

 私はさすがに「鉄塔マニア」の仲間入りはできないが、身近にありながらこれまで意識することのなかった送電鉄塔に様々なストーリーが存在し、そこにある種の浪漫を感じられたことには、何やらの面白さや嬉しさを感じている。


 昨年の夏前、仕事がGOになった。具体的な打合せの前に、改めて送電鉄塔をじっくり見ておきたくなった私が向かったのは武蔵野変電所。できる範囲で見て回った中、他にすごいなと思うものもあったけれど、私が一番気になった送電鉄塔は、武蔵野変電所のすぐ近くにあるものだった。

 距離を取り、安デジカメで全体像をパチリ。その時撮ったのが冒頭にも入れたこの送電鉄塔の写真。

▼ スリムな体躯で力強く送電線を支える送電鉄塔の姿
008_p01.jpg

 何と言うべきか……、うまく言葉にできないが、改めて見て、送電鉄塔はすごい、と単純に思った。

▼ 送電線の向かう先/左下の鉄塔群の辺りが武蔵野変電所
008_p05.jpg

 この鉄塔、左右に走る送電線と向う側への送電線を支えている。何万ボルトの電気を送電するためのものかは分らないが、そこらで見かける電線とは桁違いの何トンもの重量があるであろう送電線を支えているはずである。しろうとである私でも、その立ち姿に見る構造が、なぜこういう形なのか、いかに強固に設計されているか、一目で理解できる気がする。
 詳しくはわからないが、高さにしても電気が通電すると起きる電磁波などの影響を周辺に及ばさせないための高さ、というものが計算されているのだろうということは想像できる。

▼ アップで見る送電鉄塔の複雑な配線はある意味きれいだ
008_p06.jpg

 高く、そしてスマートに見えながら実に強固そうな構造。こうした立ち姿を改めてじっくり見ただけでも、「鉄塔マニア」なる方々が鉄塔に魅せられる理由が理解できる気がする。


 8月(昨年)、印刷の工程までを終え、業務案内の制作は終了。業務案内に入れる対象(送電鉄塔)を象徴する写真には、先輩の会社の皆さんにも賛同いただき、冒頭及び上記掲載の送電鉄塔を写した写真を使用した。専門の方々が見ても、私が気になった送電鉄塔は、“良い” そうである。


 最後に、散歩・散策、あるいはちょっと外出した時に目にし、自分的興味で撮った、送電鉄塔のある風景、の写真を列挙し、この項を終わることにする。。

▼ 武蔵野側から都心へと向かう送電線を支える送電鉄塔の連なり/武蔵境から
008_p07.jpg

▼ 山の方向に連なる送電鉄塔、向こうが発電元だろう……/武蔵境から
008_p08.jpg

▼ 富士山を背景に……/三鷹・杏林病院より
008_p09.jpg

▼ 田んぼを走る送電線と送電鉄塔/川越・南古谷にて
008_p10.jpg

▼ 黒目川沿いに見る送電鉄塔/新座市堀之内辺り
008_p11.jpg

▼ 送電経路線が複雑に走り、まるで送電鉄塔銀座/新座市堀之内辺り
008_p12.jpg


 おそらくこれから、送電鉄塔を見るたびに何らかの感想を持つのだろうと思う。散歩、散策好きの私にとっては、こうした気づきが一つづつ増えていくことが、何よりも……なのである。


スポンサーサイト

地元、近場に見る面白風情……(1) 路地・小路・小道……

 自宅で仕事……の身分になってからというもの、歩いて行ける範囲の近場を気分転換にちょっと散歩……という機会が多くなった。

 散歩に出るたび、20年以上住んでいる慣れた地域であるのに、何かしらの発見や改めて気づかされることが多々。いや、おそらくはずっと以前からに目にはしていたのかもしれないが、気づいていたとしても、いつでも来れる場所だから……などと思いつつ、さほど重要とは感じず忘れてしまう、というようなことが多かったように思う。
 大多数の人は、慣れた場、日常生活の場である地元に、風情や趣、といった類いのことを見い出す……など、まあ、あまりないのかもしれない。以前の私もそういう方だったかもしれない……が、散歩の折々に、再発見……今さらながらの気づき……をするようになるにつけ、地元もまんざら……と、つくづく思えるようになった。

 そんな、自分流の視点で改めて見つけた地元にある面白さ、風情や趣といったものを、いろいろな観点に分け、記録してみたくなった。地元散歩がこれまで以上に面白く思えるようになるであろうことを期待しつつ……である。

006_ph00.jpg
商店街横の路地で見た風情に、ちょっと感激……

 5月半ばの朝散歩の折のこと。
 週に2回ほど、朝8時ちょっと前に出勤で家を出るカミさんにつきあう形で、一時間くらいを目安に散歩に出る。ひばりケ丘駅前でカミさんを見送った後は、少し遠回りして家の方へと戻る。家への戻りコースはその時々の気分で……ということにしているのだが、この日は1ヶ月ほど前に何年か振りに通った、ひばりケ丘駅横の踏切からまっすぐの北口商店街中ほどの横にある路地を抜けて行くコースを取ることにした。

▼ ひばりケ丘北口商店街側の路地入口辺り/黄色矢印が路地方向/写真正面が駅方向
006_ph01.jpg

 通り抜けるのに1分ちょっと程度の路地。商店街側から入ると、途中から狭くなって鋪装されていない道になる。その区切りの辺りから住宅地側の道に抜けるところまでにちょっと良い風情を感じはするが、久々に通った前回の印象は、まあたまに通り抜けてみるのも悪くない……という程度のものだった。

 ところがこの日は違った。

 商店街の中ほどを左に曲り、路地に入って数メートル、正面曲り角辺りに白い花の群生……。

▼ 正面に白い花の塊/’14.5.16
006_ph02.jpg


 白い花の群生は、マーガレットだった。

▼ 舗装路と鋪装されていない道の境目辺りから/’14.5.16
006_ph03.jpg

 思いもよらず、素敵なものを見せてもらった、という感じだ。

▼ 道を抜ける手前で振り返る……/’14.5.16
006_ph04.jpg

 マーガレットの小道……、花には少々疎い私だが、これにはちょっと感激……だった。

 1ヶ月前にここを通った時はこんな感じが見られるようになるとは思いもしなかった。

▼ 1ヶ月前に通り抜けた時の様子/’14.4.16
006_ph05_1.jpg

▼ 住宅地側から見た1ヶ月前の様子/これはこれでいい風情ではある……/’14.4.16
006_ph05_2.jpg

 1ヶ月前の様子もそれなりの風情を感じさせてはくれたが、花の持つ力……とでも言ったらいいか、花はこの道に見る風情を何十倍も引き立たせてくれる。

 その後しばらく、機会がある毎にこの路地を通り、マーガレットの群生が醸す、ちょっとファンタジックな風情を楽しませてもらった。

 翌々日の日曜、カミさんにも見せたかったので、駅前に出たついで、カミさんと路地を通り抜けた。

▼ この日は住宅地側からIN/’14.5.18
006_ph06.jpg

▼ 住宅地側入口横の花壇/パパヴェルコムタツム(赤い花)とアグロステンマ/’14.5.18
006_ph07.jpg

▼ 曲り角辺り/とてもいい感じを醸す……/’14.5.18
006_ph08.jpg

▼曲り角反対側/数の多いマーガレットの白い花に日が当ってハレーション……/’14.5.18
006_ph09.jpg

▼ 道脇の花壇/2日の間に花を増やしたカンパニュラ・メディウム(和名=風鈴草)/’14.5.18
006_ph10.jpg


 さらに8日後、朝散歩の折に三たび通り抜け……。

▼ 商店街側からIN/花の種類が多くなった?/’14.5.26
006_ph11.jpg

▼ 心なしかマーガレットの花が少なくなった……/’14.5.26
006_ph12.jpg

▼ 花壇のピンクと薄紫のカンパニュラ・メディウム(和名=風鈴草)が見事/’14.5.26
006_ph13.jpg

▼ マーガレットはもうすぐ終わり……/’14.5.26
006_ph14.jpg

 花壇の花々はもちろんだが、何よりもまるで自然に、道端に自生しているかのように咲くマーガレートがなんとも言えない趣を創っている。この路地は私道なのだろうとは思うが、この場所をこんな感じに手入れし、解放してくれている人に、感謝、である。

▼ 生活の中にあるファンタジー……この日はゴミ収集日だった/’14.5.26
006_ph15.jpg

 その後も機会がある度にこの路地を通り抜けている。

 7月に入った今日の朝散歩でも……。さすがにマーガレットはもう終わってしまったが、そういう時期が1年に1度必ずある、というのが分ると見方が変わる。

 来年も楽しみ……だ。

006_ph00.jpg
近くにある、路地、小路、小道、の風情を楽しむ……

 路地、小路、小道、など、日本中、世界中、どこにでもある。

 京都の町家と町家の間の人一人がやっと通れるような小路。東京の下町界隈にある盆栽や鉢植えの花々に溢れる路地・小路。そこには私の住む家の近くにはない、歴史ある町ならではの、とても面白い風情がある。あるいは、畑地や水田の畦道や農道、草原や森にある小道。歩いたらどれほど心地いいか……。

 ただ、それはそれ。もし行くことがあったら、その場所場所の、路地、小路、小道、を歩いて通り抜け、そこで目にする風情を味わい楽しめばいい……。そう思う。

 あたり前のことではあるが、私の住むひばりケ丘周辺にも、路地、小路、小道、は多くある。その全部が面白いものであるわけではもちろんないが、不思議と感性に訴えてくる、風情ある……路地、小路、小道、というのが、案外ある。

 私の住む家から徒歩1〜2分ほどのところにこんな小路がある。

▼ 自宅近くの小路/自宅寄りの側から……
006_ph16.jpg

▼ 反対側から見ると……
006_ph17.jpg

 土の道で、自動車はもちろん通れない狭さ。せいぜい10数メートル。この小路を通ったからといって近道になるわけでもなんでもない。自宅から駅方向とは反対方向にあるが、駅側から散歩で帰って来る時など、ここをわざわざ通る、あるいはここを覗いてから家に戻る、ということをしてしまう。

 何日か前の雨の日の買物帰り、ここの雨の日の様子を見たくなった。

▼ 雨の日の小路の風情/
006_ph18.jpg

 ちょっと絵になる……。

 この小路から自宅へ戻る道沿い、ちょっと覗きたくなる場所がある。

▼ 自宅からすぐにあるよそのお宅の玄関道/奥行10メートルほどの袋小路
006_ph19.jpg

 6月半ばの、やはり朝散歩の帰り、この前でちょっと面白い風景を目にした。

▼ 玄関道前、猫が何かの様子を伺っている……
006_ph20.jpg
006_ph21.jpg

 猫が様子を伺っていたのは、玄関道の中にいた3〜4羽のスズメだった。私の気配で、スズメはすぐ飛んで行ってしまったが、猫はしばらく玄関道の中を凝視したままだった。

 この小路が醸す風情のおかげなのだろう、こんな他愛のない様子も何か絵になる。


 ひばりケ丘駅周辺は以外と古くからある住宅地。古くから順々に出来上ってきた住宅地であるせいか、駅近くは迷路のような路地が多い。
 そんな路地をわざわざ歩いてみるのもけっこう面白いものだ。

▼ 駅北口から2〜3分ほどの住宅地の路地/左の狭い方に入る
006_ph22_1.jpg
▼ 路地の中にたいした風情があるわけではないが……
006_ph22_2.jpg
▼ 通り抜けること自体に趣を感じなくもない/抜けてきたのは右の道
006_ph22_3.jpg

 こういう路地が多いほど、散歩が楽しくなる。


 住宅地ばかりではないのが、ひばりケ丘周辺。駅から15分以上離れれば、こんな道にも出会える。

▼ 畑の間を縫うように歩ける小道/生活道路に解放されている農道……
006_ph23.jpg

 この風情がいつまで見られるか……だ。


 最後に私が一番気に入っている小道……。

▼ 自宅近くにある三角公園の原っぱ道
006_ph24_1.jpg

 子どもの頃を思い出す、というのもあるし、道の原形というのを感じる、というのもあったり、まあ、いろいろ感じるところがあるのがこの小道。
 別に必ずこの小道を歩かなければいけないわけではなく、原っぱを歩いたっていい……。そんな自由感が好きなのだろうと思う。

▼ 部分だけを見れば、草原の小道……
006_ph24_2.jpg

 道は歩くためのものである。シンプルな道は想像も広げてくれる……。




 地元、近場であることのメリットは、四季折々連続して楽しめること。飽きたらしばらく、行かなければいいだけのこと……。でも必ずまた、行きたくなるものなのだ。そんな時にすぐまた行けるのも、地元、近場ならでは……だろう。

 路地、小路、小道、もそうだけれども、地元や近場に、風情や趣の感じられるものはまだまだいっぱいある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。