プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の前に ‥‥ 12年ぶりに見た故郷秋田の雪景色

2/29〜3/1の2日間、同窓会の用事で故郷の秋田に行って来た。
実に12年ぶり。
秋田新幹線がレッドカラー・ロングノーズのスーパーこまちになってからは初めて。

▼ スーパーこまち
1602_ph01.jpg


大宮から乗車。次の停車は仙台、その次盛岡。
通過する福島、宮城、岩手 ‥‥ 5年前の東日本大震災のことが当然頭を過る。

盛岡で はやぶさ から切り離され、ミニ新幹線の こまち は在来線の田沢湖線に入る。
その昔は特急で8時間。新幹線が出来てからのしばらくはL特急なる連絡車に乗り換えなければならなかった。
そんな昔を考えれば楽 ‥‥ ではある。

盛岡から雫石、その次の田沢湖までのしばらくは奥羽山脈の山中を走る。
田沢湖を過ぎると車窓からの景色が開ける。
あいにくの雨模様 ‥‥ でも見たい撮りたいと思い続けていた、秋田の雪景色。

車窓からレンズを向けシャッターを押した。

▼ 秋田行き スーパーこまち の車窓から
1602_ph02.jpg

1602_ph03.jpg

1602_ph04.jpg

1602_ph05.jpg

1602_ph06.jpg

1602_ph07.jpg


定刻より少し遅れての秋田駅到着。雨に濡れずに済む範囲を少しだけ散策。
晴れていればもう少しいろいろ街歩き ‥‥ と思っていたが、あきらめた。

▼ 秋田駅と周辺の様子
1602_ph08.jpg

1602_ph09.jpg

1602_ph10.jpg


知ってはいたものの、駅周辺に且つての懐かしさは感じられない。町中は積雪も無し。


おじさんとおばさんが待つ家へ。
おじおばといっても血縁ではない、幼い頃から親戚以上の関係でつきあってくれている家。
連絡こそしてはいるが、顔を見るのは十数年ぶり。
おじさん90歳、おばさんは84歳になったとか ‥‥。二人ともになんとも元気だ。

翌朝、私が失礼する1時間ほど前。昔から人を見送るのが苦手なおじさんが、急にパチンコに行くと言い出した。
そのこと自体はいいのだが、大したことがないとはいえ外は前日夜からの積雪。そんな中を自転車で行くのだという。

▼ 翌朝の外の様子
1602_ph11.jpg


90歳が、雪があるのに自転車で ‥‥ 普通は心配が先に立つ。

▼ 出かけるおじさんを見送る
1602_ph12.jpg

おばさんに言わせればいつものこと ‥‥ だとか。覚悟もあるし、達観もしているようだ。
少し唖然としたが、何ともすごいおじさんとおばさんに(心の中で)大拍手 ‥‥ だった。

次いつ行けるか未定だが、おそらく二人共に元気でいてくれることだろう ‥‥ と思う。




母校での用事を終え、歩いて駅へ。

▼ 我が母校、秋田工業高校
1602_ph13.jpg

▼ 秋工同窓会館
1602_ph14.jpg


母校の秋工は秋田の名公園、千秋公園の裏手にあたる。

▼ 母校近くの橋から見える千秋公園裏手
1602_ph15.jpg


公園を抜けて行けば駅までそれほど時間は係らない。それこそ懐かしい道だ。
風景には多少変化があったとしても、道というのはそうそう変わるものではない。

▼ 千秋公園内と公園から望める街の様子
1602_ph16.jpg

1602_ph17.jpg

1602_ph18.jpg

1602_ph19.jpg

1602_ph20.jpg

1602_ph21.jpg


ものすごく変わったとは思わないが、当然昔のままでもない。これはいたしかたのないこと ‥‥。

一つだけ心残り。
あいにくの空模様で、市内から望める秋田市象徴の山、太平山の姿を見ることができなかった。
次の楽しみを残した ‥‥ と思うことにしよう。


帰りの車中。大曲までの間にホワイトアウト寸前の様子を見た。
3月に入ってもまだ秋田は冬 ‥‥ と言ってるような風景。何度シャッターを押しただろう。

▼ 帰りの車中から
1602_ph22.jpg

1602_ph23.jpg

1602_ph24.jpg

1602_ph25.jpg


雪国の冬は厳しい。それだけに春を迎えた実感を持てた時の喜びはとても大きい。

久しぶりに見ることの出来た故郷秋田の雪景色は、
遠い昔、強く強く春を待ちわびた気持ちを、改めて思い出させてくれた。




3月30日。今住む町、ひばりケ丘辺りは明日にでも桜満開の様相 ‥‥。

1602_ph26.jpg


スポンサーサイト

浅草で、秋田の竿燈……

 6月1日の日曜、浅草へ出かけた。久々の浅草見物……? 気分的には多少それもないではなかったが、この日は特別な目的があった。

 浅草で……わが生まれ故郷秋田の竿燈。今年で6回目になるそうだ。
 東京秋工会(私の所属する秋田工業高校同窓会東京支部)から情報を得ている関係で、4年くらい前から知ってはいたが、なかなかタイミングが合わず、一度も見に行ったことはなかった。
 で、今年こそは……ということで、ようやく見に行った……という次第だ。


5000

 10時半に家を出て、浅草に着いたのは11時50分。
 この日の竿燈演技の開始は11時。浅草寺五重塔前でスタートし、浅草寺周辺4ケ所で演技披露すると聞いていた。開始時間はとうに過ぎ、一回目の演技は終わっている時間。
 ともあれ、まずは五重塔前へと向かった。

 分かってはいるものの、さすがに東京一番の観光名所・浅草の日曜。地下鉄を降りたあたりからの人の多さと賑わい。しかも聞こえてくる話し声は多国籍。仲見世の通りは当然のごとく、人でごった返している。

▼ この日の仲見世通りの様子/宝蔵門前にて
5001

 脇道から宝蔵門前に出ると、左手先に3本の竿燈の姿が目に飛び込んできた。

▼ 目に飛び込んできた3本の竿燈/宝蔵門前より
5002

 演技は終わっていたようだが、お客さんに自由に竿燈を見てもらう、ふれあいタイム、のタイミングに間に合ったようだ。

 今年参加していた竿燈は大若3本。全て見覚えのある提灯のデザインだが、さすがにどれがどの町だったか、町名までは覚えていない。上の提灯に書かれた町名を見て確認。
 八日町(ようかまち)、四十間堀町(しじゅっけんぼりまち)、川口町(かわぐちまち)。どれも、私の生まれ育った町から徒歩で10分程度の範囲にあった町……今は使われていない旧町名が懐かしい。

▼ 左から、八日町(ようかまち)、四十間堀町(しじゅうけんぼりまち)、川口町(かわぐちまち)、の提灯
5003

 久しぶりに見る竿燈の姿をしげしげ……という間もなく、立てていた竿燈を倒し、次の会場への移動。最後の演技まで見ることに決めていたので、竿燈の後に着いて行く。

▼ 次の会場に移動する竿燈
5004

 移動の途中、昨日からやっているこの催しの世話役になっている同窓の先輩二人と合流。30度を越えたこの日、暑い中ご苦労様……。

 次の会場、花屋敷通り、に到着。ようやく竿燈の演技が見られる。

▼ 花屋敷通りでの竿燈演技の開始
5005

 竿燈の演技は、竿燈を立てた後、流し、といわれる技で、継竹を竿燈本体の親竹の下に差し込んで行くことから始まる。
 先輩二人と話し込んでいたため、最初の、流し、の技の部分を見過ごし、撮り忘れてしまった。

 流し、は、竿(継竹)の継ぎ足しの他、技への入り、技から技への移行などでも行なわれる。

 こんな感じ。

▼ 流し、の技の様子/けっこうな握力と技術が必要
5006

 立てた竿燈の下を片手で掴み、少しづつ竿尻を滑らせていき、手から下の部分にもう一人が継竹を差し込む。あるいはこの状態から、肩や額、腰に持って行く。

 竿燈の重さは、大若と呼ばれる成人用のものでおよそ50kg。それを片手で持って少しづつずらす、あるいは所定の部位に持っていく、というのはかなり大変だ。つなぎ技ではあるが、分かって見ていると、けっこう面白い。
 秋田で行なわれる妙技会ではこの、流し、の技も採点の対象になるそうだ。

 技は、流し、で継竹を2本以上差し込んだあたりから始まる。

 いわゆる見せ技は、四つ。

▼ 開いた手の平に竿を乗せる力技/手の平が開いた写真がうまい具合に取れなかった
5007

▼ 肩に乗せる/竿燈を始めると最初にまずこれを教えられる、そんな記憶がある
5008

▼ 額に乗せる/高難度で、鉢巻きが絶対必要な技
5009

▼ 腰に乗せる/竿燈の技の中では一番難しい
5010

 竿燈(大若)の長さは、基本12m。これに1mほどの継竹を継ぎ足していく毎に演技はどんどん難しくなっていく。この日見たのは3本まで。

▼ 花屋敷通りでの演技の様子/どっこいしょ〜、どっこいしょ、のかけ声が響く
5011

▼ 青空に映える、花屋敷のタワーと竿燈
5012

 約15分ほどで、花屋敷通りでの演技は終了。

 世話役のO先輩とここで一服。今年来た3本の竿燈の町は、去年夏の妙技会上位だったのだそう。昨年のこの催しに参加したのは、私の生まれ育った鉄砲町だったらしい。
 できれば……と思うのは、まあ当然だ。

 少し遅れて次の会場、西参道へ。

 先ほどはあまり気にしないでしまったお囃子。

▼ 女性二人(一人は笛)と男一人の編成のお囃子
5013

 笛の女の子は、私が秋田を離れる頃に住んでいた、馬口労町の半纏を着ていた。

▼ 太鼓の叩き方と音のイメージは未だに頭に残っている
5014

 太鼓は小中学校の頃よく叩かせてもらったので未だによく覚えている。竿燈のお囃子は、演技の際のものと行進の際のもの、二種類ある。

▼ スカイツリーが良く見えた西参道の会場
5015

 西参道から次。奥山おまいりみち、と聞いていたが、時間が押してしまったらしく、最後となる、六区ブロードウェイROX前の通りに移動。

▼ 六区ブロードウェイROX前での演技の様子
5016
5017

 この辺りは建物が高い(ビル風の)せいで、風の動きが一定せず、竿燈には難しい場所とのこと。

▼ 技を行なっているままの状態で3本の竿燈を寄り添うように重ねた見せ場
5018

 この見せ場の後、額に乗せた演技の途中、風のせい(?)で竿燈が額からずれて落下し倒れ、ビルにぶつかったが、竿燈では良くあること……。もちろん大事にはならなかった。

 六区ブロードウェイROX前の通りを最後に、今年の浅草での竿燈演技は終了。

 先輩二人の後に着いて世話役の皆さんの集合所にちょっとお邪魔。帰り際に食事を一緒にと、先輩に誘っていただいたが、今日は部外者……ということで、まっすぐ帰ることにした。

▼ 帰り際、五重塔横から見えた青空の下のスカイツリー
5019

 午後2時半。まだ仲見世の人通りはすごかった。


5000

 秋田市での竿燈祭り本番は、8月の3日〜6日。大若、中若、小若、幼若……大小およそ260本の竿燈が繰り出すそうである。

 竿燈の魅力は先に紹介した、差し手が見せる技の数々ももちろん……だが、夜、暗い中に灯を入れた何万個もの提灯がゆらゆらと浮かび上がって作り出す、何とも言えない風景………あれを見ずして、何をか言わんや……である。

▼ 秋田市の竿燈大通りで行なわれる竿燈祭り本番の様子/秋田市竿燈協会の写真を拝借
5020

 秋田での竿燈を最後に見たのは、どれくらい前になるか……。

 秋田の竿燈祭りは今や全国、いや世界的に知られる夏祭りになった。遠い昔、2日間だった開催期間は4日間になり、今は毎夏100万人を超える見物客が訪れるという。

 去年の夏、ちょっと懐かしさを辿ってみたい思いから、ネットで鉄砲町と竿燈で検索してみた。するとなんと嬉しいことに、「鐵砲町竿燈会」なるサイトを発見できた。
 そこで改めて見た、生まれ育った町、鉄砲町の竿燈提灯。日の丸と書箱をくわえた狐(与次郎狐と言う秋田では有名な狐)が組み合わされたデザイン。
 小学校の4年生から中学3年まで、鉄砲町で竿燈に出ていた私である。忘れるはずがない。

▼ 鉄砲町の竿燈提灯/「二十世紀ひみつ基地」より写真を拝借
5021

 この提灯の図柄は、鉄砲町に生まれた版画家、勝平得之(かつひら とくし)さんの作ということだが、この勝平さん(勝平のおじさんと呼んでいた覚えがある)が、有名な版画家であることを知ったのは、東京に出てきてからのことだった。
 時折覗けた窓の中で、木屑にまみれるように仕事をしていた、勝平のおじさんの姿が、微かだが、記憶にある。

 近年はインターネットなどを利用し、ふるさと秋田の近況を即座に知ることができる。だがやはり、自分の目で見て、その空気を感じたい。
 行きたい思いは山々だが、今年も残念ながら竿燈には行けそうにない。ただ、今年の秋、久々に秋田に行くことにはなりそうだ。

テーマ:雑記
ジャンル:その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。