プロフィール

Kaz3

Author:Kaz3
1955年3月生まれ
(A型/魚座)
自称ロマンチスト

今さらながらの出会い、
発見、気づき、等々
浪漫的あれこれを
楽しんでいる。

最新記事
Welcome
テーマ/サブテーマ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真集「福島のすがた 〜3.11で止まった町〜 」

 8月以来ばたばたやっていた仕事がちょっと一区切り。忙しい間は、他のことができないことに、ブツブツ……。けれど終わりが見えて来ると、それが案外淋しく思えたり……。
 まったく人間(自分)の気持ちというやつは勝手なものである。

 さて、今回は仕事に関連した話に少し触れてみたい。これも前のサイトのブログで一度書かせてもらった内容のものだが、そのままお蔵入りさせるのもちょっと……という思いがあって、再登場させることにした。



 昨年の12月3日。「福島のすがた 〜3.11で時間の止まった町〜」というタイトルの写真集の初版が刷り上がった。

▼ 写真集・福島のすがた 〜3.11で時間の止まった町〜 初版
009_01.jpg


 消し去ることのできない記憶となった’11.3.11東日本大震災から3年と7ヶ月。岩手や宮城などからは復興が進行している話題が届くようにはなった。
 しかし反面、あの日、震災によって発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故。その放射能漏れの影響で強制的な避難を余儀無くされてしまった福島県浜通り地域の町々は、今なお、復興の「ふ」の字も感じられない状態にされている、という現実がある。

 この写真集は、飛田 晋秀 (ひだ しんしゅう) さん、という、福島県三春町生まれ・在住のプロカメラマンが撮影した、原発事故により全町避難区域となった、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、の3.11後のありのままの姿を撮影した写真を集めたもの。

 飛田さんの本来の専門は、日本の職人さんなどの撮影。1996年頃から地元である福島県三春町を題材とする写真展・個展などの活動を展開し、1999年に出版された写真集「三春の職人」は民俗学資料として国立国会図書館に永久保存されている……というような経歴を持つ方だ。
 3.11後、幾度となく原発避難区域を訪れその現況を撮影。3.11同年の11月、写真展「福島のすがた」を地元三春町で開催。以降多くの支援者の助力を得、「事故を風化させない」「福島県民の思いを知ってほしい」「事故後の状況をありのままに知ってほしい」という思いの下に、日本各地で「福島のすがた」をテーマとする写真展並びに講演会を行なっている……とのことである。

 縁あって私はこの写真集の制作を担当することになった。

 出来としては正直物足りない。ぎりぎりの予算で、無理して何とか作り上げた、というのが実のところだから、まあ仕方がないか……というのが正直なところ。
 とはいえ、何はともあれ完成させることができ、依頼してくれた方々に喜んでいただけたこと、それにこうした歴史的な事態を記録するものの制作に携れたことには、ちょっとした満足感を感じているのも確かだ。

 出来上がった以上、できるだけ多くの人の目に触れてもらいたい、と思うのは制作に関連した人間として当たり前な気持ちである。
 ブログへの写真使用のお許しをいただいた。もちろん全部というわけにはいかないが、私なりの視点・観点を前提にした感想を入れながら、この写真集の紹介をさせていただく。

 この写真集には、被災地の写真132点が掲載されている。それらにざーと目を通して最初に目が行ってしまったのは、やはり地震や津波の破壊力の凄さを物語る写真だった。

009_02.jpg

 忘れてならないのは、これらが事故直後ではなく、1年2年後に撮られたものだということ。あたり前であれば、とうに更地になっていてもおかしくないのだ。

 それらとは正反対に、見た目には特に被害を感じない、こんな写真がある。

009_03.jpg

 ここに住民の姿があれば、ごくあたり前の町の風景……。分かってはいても、微妙な気分にさせられる。

 同様にこんな写真。

009_04.jpg

 どんな思いで新築したのか、新築しようとしていたのか……、持ち(建て)主の無念さが否が応でも伝わってくる。

 放置された家畜たちの姿も哀れを誘う。

009_05.jpg

 この行く末は……と、誰もが想像してしまうことだろう。

 テレビなどではあまり伝えられていないが、問題提起……要、を感じるこんな光景。

009_06.jpg

 鳥たちにも、先の家畜たちにも、何の罪もないのだけれど……。

 これもまた、考えさせられる写真だ。

009_07.jpg

 原発事故はどうしようもない状況を作り出した。だが過去の一時期、原発が町の活性化を促す存在の一つとしてもてはやされたこともあったのは事実なのである。

 私はかつて、村おこしなどの地域活性に関連する仕事をしていた時期がある。現在のような、ゆるキャラやB1グルメといった、地方を盛り上げるブーム的なものなどまだなかった時代。
 もちろん全部が全部ではないが、多くの人たちの関心は、国や行政が何をしてくれるのかを期待し待っている、という感じで、原発は国や行政が何かをしてくれた、そんな時代の象徴の一つ、と言えなくもないように思う。
 実際この地域では雇用も促進されただろうし、誘致に伴って支給された補償金や補助金が少しは地域を潤したのだろうと思う。
 だから原発の存在も仕方がなかった……などとは思わないが、これもまたこの地域にあった事実だったということを上の写真は語りかけているように思える。


 この写真集冒頭の挨拶文で飛田さんは、「全ての原発は廃炉にしなければなりません。」と結んでいる。もちろん私もその言葉に対しての異論はない。
 だが、私の根っこに工業系技術屋としての素地があるせいか、原子力発電所や原子爆弾の存在は否定するものの、原子力に関する技術そのものを頭から否定する気にはなれない。
 特別な根拠はないが、人のためになる可能性がまったく失われたとは思えないから……がその理由だ。

 あの事故が起きるまで、いやそれ以前にも茨城の東海村の関連施設の放射能漏れ事故があった記憶などもあるが、正直、原子力あるいは原発の是非など、これまであまり深く考えたことはなかった。
 他愛もない考えではあるが、こんな風に考えを述べてみる気になったのは、この写真集に掲載されている写真を何度となく見ているせいなのだろう。

 この写真集は市販されているものではない。
 飛田さんは写真展と講演会の開催を主とする活動をしている。その中で、写真の資料的価値を認める多く方から写真集を望む声を聞き、それに応えて自費で写真集を作る決心をしたと聞いている。
 飛田さんの活動は、知る人ぞ知る、の話題にもなっているし出版社に企画を持ち込めば……とも思うが、それをあえてしなかったところに、飛田さんという人の人柄が感じられる。

 だから私も……、まあその部分では、私、の存在はどうでもいいか……。

 初版1,000部。第二版500部。そして現在、第三版1,000部が印刷中である。
 正直初版の1,000部が半年で無くなるとは思わなかった。第二版の印刷上がりが今年5月で、9月頭に1,000部増刷決定である。これだけを聞けば……だが、損はしていないが、誰も儲かっているわけではない。

 さて10月4日に印刷が上がる第三版。初版と第二版にはなかったが、第三版では飛田さんの名前を表紙に入れることになり、どう入れるか相談され、大した提案でもないが、私の意見を通してもらった。

▼ 福島のすがた 〜3.11で止まった町〜 第三版表紙
009_08.jpg


 この写真集の価値を一言で言うとすれば、資料的価値、ということになるのだろうと思う。
 資料的価値のものというのは、その対象に強い関心や興味、あるいはその使途に対する意識などがない人には、特別に価値を持たない。
 原発事故と福島の町々のことへは、多くの人が大かれ少なかれの関心を持っていることと思うが、その人たち全てがこの写真集の価値を認めてくれるものではないだろう。

 それでもあえて書いておきたい。

 この写真集は、福島の原発事故問題に関心のある方には、ぜひ一度ご覧いただきたい一冊である……と。

 同写真集のお求め並びに飛田さんの活動をお知りになりたい方は、下記にアクセスしてみてください。

 < http://www.hida-fukushima.com/ サイト名 = 飛田晋秀「福島のすがた」>


 私のブログのテーマから言えば、ちょっとどうなのかな? と迷ったが、何年か先に、この写真集に取り上げられている地域の町々が復興を遂げ、素晴らしい形で復活できたとすれば、それはまさしく、浪漫溢れる出来事、という風になるのだろうと思う。

 そんな日が一日も早く訪れることを、心から願う。

スポンサーサイト

引っ越し……リ・スタート

 一年半ほど前から始めた<浪漫見聞雑記>というタイトルのブログ。
 スタートしたのは、こことは違うサイトだったが、プロバイダーの都合で、ブログサービスが6月で終了するとのこと。しからば、ということで、早めに見切りをつけ、こちらへ引っ越し。
 以前の記事をどうするか……迷ったが、心機一転、一から再スタートすることにした。
 気に入っていた記事は、いずれ少し手を入れて再掲載するつもり。

001_bar

 来年私は満60才。「数え61才」となり、いわゆる還暦となる。
 まだ実感は薄いが、あと30年? 20年? それとも10年? てな具合に、残りの時間というものを意識すべき年になった、ということかもしれない。

 思うに、人間長く生きていれば人それぞれに種類や内容に違いはあっても、いろいろな思い出、それにノウハウやスキル的なものを含めた知識等々、頭(脳)の中には相当量相当数の記憶が蓄積されているはずである。
 以前ネットで記憶と脳についてのあれこれを検索してみる機会があった。
 人間の脳が持つ記憶容量をコンピュータなどで使われる容量単位でもって著すと、大脳皮質という部位だけでなんと、140TB(テラ・ビット)という膨大な容量になるそうである。
 見方を変えれば、脳の記憶容量にも限界がある、とも言えるのだけれど、おそらく自分のような凡人は一生かけてもこの数分の一、いや数十分の一程度しか使えないのかもしれない、と思えるとてつもない容量だ。

 記憶というのは、その一つ一つに何がしかの正負があって、良い思い出ばかりあるわけではなく、得てきた知識が全て正しいというわけでも、身に付いたいろいろが必ずしも今に役に立っているわけでもない。それでも、振り返ることのできる(振り返りたくなる)過去の記憶というのはそれぞれの人にとっての大切な“財産”であると思う。また、過去の記憶が起因となって、思いに浸ったり、懐かしんだり、といったある種の楽しさのようなものを感じることができるのは、多くの記憶が蓄積できている者に許された“特権”のようなものだと言える気がする。

 そういう、せっかく蓄積できている記憶というやつを、ただそのまま放っておく、というのは、何やらとてももったいない。だから……自分の記憶というやつを自分のための楽しみ事にしてみる、というのも、あり、と思うのだ。

 世の賢明な方々は若い時からの日記やメモなどの記録を大切に残していて、後年、そういうものを活かし、自分史や回顧録といったものを書いたりする、ということをよく耳にする。別な見方で言えば、(過去の)記憶を楽しむ、ということをわかっている人が、大勢いらっしゃるというということだ。

 自分史や回顧録というのとはちょっと違うが、近年私も、自分の記憶に関する何かを書きたいと、強く思うようになった。
 それで始めてみたのが、この<浪漫見聞雑記>というブログ、というわけである。

001_bar

 ブログのタイトルに付けた“浪漫”は私の好きな言葉の一つ。付け加えておくと、好きなのは、カタカナの“ロマン”ではなく、漢字の“浪漫”。これにはちょっとこだわりたい。

 前に“浪漫”の意味をネットや辞書などで調べた際、こんなことが分かった。
 「現代の日本語のロマンは、英語のロマンチック(romantic)とロマンチシズム(romanticism)の意味をあわせ持つ言葉<●ロマンチック=空想的・情緒的または情熱的であるさま ●ロマンチシズム=空想的で情緒・感傷を好む精神的傾向 (岩波国語辞典より)>」
 「漢字で書かれる<浪漫>はフランス語の<roman>を音読漢字で当て字したもの、考案者は明治時代の文豪・夏目漱石」

 元々の“ロマン(roman)”はフランス語。直訳的には、小説一般、を意味するらしいが、今の日本語解釈はもっと広義的な概念を持つ言葉になっているわけで、外来語であることを著すカタカナの“ロマン”とは別物として扱うべきだろう。
 何せ、明治の大文豪である夏目漱石がわざわざ考案した(言葉遊びで語呂合わせしただけとも言われているが)というのだから、なおさらである。

 “浪漫”はある種の感覚的な言葉になっている。具体的な実体を伴うものではないためか、辞書などで調べても、その書かれ方は案外に曖昧で抽象的、解釈や表現のされ方がいろいろあり過ぎて、もう一つピンと来る感じになれない。
 で、私は自分なりに「小説や物語のようなイメージ(ストーリー)を思い立たせること」というように解釈している。

 何かをしようとしたり何かをする、あるいは、何かに惹かれた、というようなことがあると、人はそのことに対してさまざまな思いを持つ。その思いは、同様のことが数多く繰り返されると、都度の重なりによってボリュームを持つようになる。またその思いは、学びや気づきなどによって別の何かに繋がることでボリュームを持つこともある。

 たとえば「花」を基本に置いてみる。最初は「赤い花を見てきれいだと思った」という思いだったとする。次に同じ花でも黄色い花を見て、「赤い花もきれいだが、黄色い花の方がきれいに思う」となるかもしれない。その次には青い花だったとして、「青い花と赤い花も悪くないが、やはり黄色い花が良い」と思ったり……。

 思いは順にボリュームを持っていく。で、より内容の濃いもの、いうなれば、ストーリー(物語的なもの)のあるもの、に変わっていく。
 このストーリー(物語的なもの)こそが、“浪漫”なのだ、と私は思っている。

 「何を浪漫と感じ、何から浪漫を感じ取るかは人それぞれ。あくまでも個々の感性で感じ取るもの」 “浪漫”というのはそういうものであるとも思う。

 ブログのタイトルに“浪漫”を置いたのは、その概念の広義さ。
 根底にある、記憶を楽しむ、というのをやっていくにしても、私の頭の中は非常に雑多。狭いカテゴリーでまとめるのは無理。だから散漫にいろいろと書いていきたい。
 そういう意味で、“浪漫”という言葉の持つ広義さはうってつけで好都合なのだ。

001_bar

 肉体は衰える。これはある程度覚悟する。が、人間の脳は基本的に老いない、そうである。高齢になっていくことをネガティブに考えないようにする上で、これは何やらの救いである。

 “記憶”というのにある種のこだわりを持とうとしているのには、実はこれもある。

 好きな言葉である“浪漫”というオブラートに、“記憶”へのこだわりという薬を包む。ブログを綴ることは、それを飲む、ということになるだろうか。
 飲み続ける=綴り続ける限り、少なくとも脳の衰えは回避できる……んなわけもないだろうが、多少の効果はある、と思うことにしよう。

 いろいろな思いを込めて、<浪漫見聞雑記>、リ・スタートである。

テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。